インプラントを不調を起こさず施す方法

インプラント治療後不調で悩むみなさまにも読んでほしい情報です。

下の写真の患者さんは右下の奥歯がなく。そこへインプラントで歯を補うことを希望されました。
治療前の症状は口の中も、それ以外、頭痛、首、肩、腰、足、手腕の感覚、目、耳、その他特に気にされている症状はありませんでしたが、桜通り歯科クリニックでは噛み合わせを考える時には頭蓋骨のレントゲン写真と首のレントゲン写真を必ず撮ります。

インプラントを不調を起こさず施す方法1
インプラントを不調を起こさず施す方法2

右のレントゲン写真が治療前。左の写真がインプラントを施した後です。
どうでしょう?

頭蓋骨の歪みがとれていると思いませんか?
噛み合わせが崩れていると頭蓋骨は歪んでいます。首は傾き、ねじれ、肩の高さは左右で変わり、腰足とそれはつながっていますから問題をきたしているでしょう。

頭蓋骨の中には脳がありますから、外が歪んでいる状態は内までおよんでいます。
歪んでいる状態でインプラントを施し、噛めるようにして力を加えるのは歪みに力を加える行為です。絞られた布巾を力を込めて更に絞る行為です脳は一体どんな状態に陥るのでしょうか?

インプラント後に現れた不調はそこを正してあげれば良いのです。
歪みやねじれを取り去り、ストレスのかかっていない状態をつくり、その状態をその後長く続けられる噛み合わせをインプラントの歯に与えてあげればよいわけです。

噛み合わせは全身に影響を及ぼします。
インプラント治療は非常に優秀な治療法ですが、よく調べ、全身に悪影響が起こらないように、最善の注意を払って行わなければなりません。

これからインプラントをお考えの方、すでにインプラント後の不調に悩まされている方。
まずはご相談ください。

インプラント治療のページへ戻る



院長日記

院長日記

診療科目

診療時間

 最終受付はそれぞれ12時、18時となっております。

休診日  土曜・日曜・祝日

  • お待たせすることが無いよう予約制とさせていただいております。お電話にて症状とご都合をお聞かせください。
  • 急患随時受付
日本橋歯科衛生士の求人情報
English-page(SAKURA St Dental Clinic)日本橋桜通り歯科クリニック